それはまた別のおはなし。

アクセスカウンタ

zoom RSS 身代わり伯爵二次創作  会話文 天国のドア

<<   作成日時 : 2013/10/16 20:50   >>

かわいい ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 2

こんばんは穂村です。台風の影響か、すごい睡魔に襲いかかられてます眠い……

今回は久しぶりのネタで書いてみました。
もう書くことないかなと思ってましたが、新刊で「わあ」と思うシーンがあってつい妄想しまして;
ということで、本日の話も新刊のネタばれを(うっすらですが)含みますので未読の方はお気をつけくださいませ<(_ _)>





天国のドア



「ふんッ! たあッ!!」
「頑張ってますね。一息つきませんか?」
「あっ、ありがと。ん〜〜真剣にやってるつもりなんだけど、効果はいまいちなのよね……」
「効果………って、もしかして」
「そうよ、まだ手に入れてないもの。忘れたりなんてしないわ、長年の夢なんだし! こないだ素敵に完璧な触り心地を思い出して一層やる気に磨きがかかったくらいよ。
はあ……あれこそが夢の国だわ。シーカさまのはほんとに理想的だった……それに比べてあたしは未だに…未だに……っ。こんなじゃ天国の入り口にも立てないわ!」
「いや、あの、ミレーユ」
「ごめんね、あたしなりに頑張ってるつもりなんだけど。なにが間違ってるのかしら……刺激? 刺激が足りないの!?」
「ミレーユ、落ち着いて」
「だって。
…胸の成長には刺激と栄養と恋だって。前は最後のひとつが不足してるのかと思ってたけど、今はあなたみたいな素敵な恋人がいるのに。栄養だって体操だって十分なはずなのに、なんなの胸にいってないならあたしの与えたものはどこに消えてるっていうの!? これだけやって何の効果もないとか、やっぱり呪いじゃないの!?」
「ミレーユ」
「なによ……っ、むぐっっ

…………(もぐもぐ)」

「――落ち着きましたか?」
「うん。…………」
「そんなにしゅんとしないで。何の効果もないだなんて、それは違いますよ」
「え……?」
「最近、ことあるごとに周囲の皆があなたが前よりも可愛くなったと言うのを耳にします。それはなんらかの成果が出てる証拠じゃないかな」
「ほんとに? あたしが可愛くなったって、みんなが?」
「はい」
「わ〜〜…………。嬉しい//」
「あんまり言われるものだから、俺としてはちょっと心配ですが」
「心配?」
「ええ。目を離した隙に攫われるんじゃないかと」
「や、それはないでしょ……(……って、待って)

リヒャルト、もしかしてそれは嫉妬?」
「……いや」
「してるんでしょ!  今変な間があったしっ。ちょ……っ、どうしたらいいの!? 胸は大きくしたいからこれからも体操とか続けたいのに、それであなたの不満が溜まっちゃったら」
「そんなに心配しないで。本当に大丈夫ですから」
「ほんとに!? ほんとね!? 爆発する前にちゃんと言ってね」
「爆は……、……はい」
「う〜〜ん、今のままじゃ効果も出なさそうだし、また計画を練り直さないと。もうそんなに悠長にやってる場合じゃないしね……そうだ。ちょっと恥ずかしいけど、思いきってシーカさまに大きくする方法をご存じじゃないか聞いてみようかしら」
「!」
「あの柔らかさが手に入れば、リヒャルトにも素敵な感覚を味わわせてあげられるし。きっとあなた、今よりもっともっと安らげると思うの!」
「いえ、もうこれ以上頑張らなくていいですよ。あまり無理して体調を崩すのはよくない。――それに癒される以前に、きっとそれどころじゃなくなるから」
「なんで?」
「さあ、もう遅いですし休みましょうか」


問い返してくるミレーユを笑顔でごまかしながら、リヒャルトは話題の変更につとめた。ただでさえ可愛すぎる彼女にレルシンスカ嬢がまた妙なことを吹き込んで、これ以上無邪気に迫ってこられると危険だ――主に理性の面で。
あの令嬢が絡むと本当に気苦労が絶えない、という事実をリヒャルトは今一度実感したのだった。


おわり




ありがとうございました………わああ。
このネタはやはり恥ずかしい&いろいろと不安が……不安が! いたたまれなくなったらそのうちひっそりお蔵入りさせます……(//△//)
新刊読んでしみじみ、殿下の色気が隠しても隠しても漏れ出てきてるなと。色気っていうか…いえなんでもないです。

ミレーユに激励の念を送りつつ今宵はこのへんで(・∀・)ノシ
身代わり伯爵の冒険

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、お蔵入りなんてもったいないです
〜楽しませていただきました。
ありがとうございます ╹◡╹

胸のことはからかわれすぎてもうトラウマの域
になってそうで不憫です。
気にしているミレーユは可愛いけど、そのまま
でいてほしい切実な願いが(*^^*)

国に送り返されても舞い戻り、こっそり会話録
を作成する行動派美人に妙なことを吹き込まれ
る影響力を考えると心配に…笑
理性の危険を察知する殿下さすがでした!

2013/10/16 22:23
>梓さま

こんばんは、コメントありがとうございます!
大枠は先週くらいに固まっていたものの、「どうなのかしらこれは…」って迷いに迷ってなかなか載せられなかった会話文でした(^▽^;)やはりネタ的に…
ミレーユは結婚後、いかに自分が…なことを言ってたか知るんでしょうね 笑。今のままで充分可愛いんだから…っておっと、殿下と同じ台詞になってしまいました。

楽しんでいただけたようでよかったです^^

いつも穏やかな殿下が、(原作内で)シーカ様の名前を聞くと顔をしかめたりしてるのにも笑ってました。本当に…苦手なんですね…笑。彼女の今後の活躍にも期待してます♪
穂村まみみ
2013/10/19 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
身代わり伯爵二次創作  会話文 天国のドア それはまた別のおはなし。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる