それはまた別のおはなし。

アクセスカウンタ

zoom RSS 身代わり伯爵二次創作 ほぼ会話文 「紆余曲折」

<<   作成日時 : 2014/05/03 19:30   >>

かわいい ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 3

こんにちは穂村です(・∀・)ノ
今回はちょっと前の…「花嫁修業編」初期あたりの設定で書いてみました。
前にもこんなの書いた気がしますが……
少し短めです。ではどうぞ〜!



紆余曲折



(今日はどうしようかな……まだ試してないのは……あ! これなんかいいんじゃないかしら? よ〜〜し……)



公務を終えて部屋を訪ねてきたリヒャルトに、ミレーユは新しい技を試してみることにした。素早く虎の巻をめくり、昼間にあたりをつけておいたページをもう一度確認する。
アンジェリカにお茶の支度を頼んだあと、ミレーユは足音をしのばせてリヒャルトに近づいた。

「リヒャルト!」
「うわっ」

椅子に浅く腰かけていたリヒャルトの背中に飛びついて、そのままぎゅっと抱きしめた。わかっていたつもりだったが彼の背中は広くて、腕をいっぱいに伸ばしてもいつも自分がしてもらうのと同じようにはいかない。改めて自分とリヒャルトの差に少し驚いてしまう。

「どうしたんです?」
「……ううん、別に」

ミレーユは優しく尋ねてくる彼に返事をしつつ、腕に力を込めた。背中に頬を押しつけたまま内心小さくガッツポーズをする。

(よし、いい感じ…! 今回こそはリヒャルトをちょっとはドキッとさせられたんじゃない? あたしだって何回されてもどきどきするし、リヒャルトだってきっと……)

「――――ああ、もしかして久しぶりにおんぶされたくなりましたか?」
「………へ?」

おんぶ?
まさかの返しにミレーユの思考は停止した。固まる彼女に気づかず、リヒャルトは言葉をつなぐ。

「そういえば最近してませんでしたね。あなたがおんぶされるの好きだって知っていたのに……じゃあ、今から少しやりましょうか」
「ちがっ……そうじゃ……!」

否定する間もなくミレーユを背にのせたリヒャルトは軽々と立ち上がり。
ぐんと高くなる視界に一瞬状況を忘れて目を輝かせたミレーユだったが、すぐに計画が失敗したことを悟る。

悔しさと嬉しさとその他いろいろな気持ちがないまぜになり、ミレーユはリヒャルトの背中で「もおおおおおお!」と、叫んだのでしたとさ。


------


後日。

「理由はわからないがミレーユを怒らせてしまったらしい……」
「アハハ、大丈夫だよ。あの子は怒りが持続しない性質だし、すぐに機嫌直してくれるって」
「だといいんだが。
ふくれ顔も可愛いけど、やっぱり早く笑顔が見たいな」
「仕方ないなー。じゃ、こないだ娼館で女の子たちに教えてもらった、最近評判のお菓子を教えてあげるよ」

と密談をするシアラン大公とその親友の姿が目撃されていたとか、いなかったとか。



おわり




書けるときに書いておこう…!と、ふと思いついたネタで一本。
ミレーユはアリスさまからの教えを積極的に試してましたから、本編で描かれていない成功も失敗もそりゃあいっぱいあるんだろうなと。
おそらく彼女は成功したケースなんて…って思ってそうですが。
リヒャルトの方からするといろいろいろいろ本当に大変だったろうなと(・∀・)フフ
ま、今回は失敗例(?)を書きましたが。


ネタをすぐ忘れるので最近思いついたらその都度メモするようにしてるんですが。
眠い時に書いたものとか翌朝読んでもよくわからない時があったりで(^_^;)意味があるのかないのか


また何か思いついたら更新しますね(・∀・)ノ

本日もご覧くださりありがとうございました。みなさまどうぞよいGWを。
そしてお仕事あるみなさん(わたし含む)も、乗り切りましょうね……! 連休明けの休みが楽しみです^^
身代わり伯爵の冒険

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
可愛い失敗例(?)が微笑ましいです(*´▽`*)

本当、あの虎の巻で試したものはうまく
できなかったと思っていそうですよね。
一週間に一度の約束がなかったらまた違った
かもですが…反撃があったりなかったり?

このころのお話も好きなので
楽しかったです〜ありがとうございます!

2014/05/04 21:19
>梓さま

虎の巻はいまも活躍してるんでしょうか。
確かにあの約束がなければ、違った展開になっていそうですよね!
「結婚するまではけじめは守ります」って最初に言ってはいましたが、あんな可愛い攻撃を繰り出されてたらうっかり反撃しすぎることだって…ごにょごにょ(^∀^;)

約束があってもなくてもきっと苦しい展開だったのだろうな〜と思います(・∀・)ノ←

コメントいつも本当にありがとうございます^^
なにかと想像(妄想)が広がって楽しませていただいてます〜!
穂村
2014/05/05 19:46
結婚する「まで」〜というのが爽やかなのに
どうも曲者な感じがありますね。魔性…!?

あんなに可愛かったら反撃しすぎても
無理ないですけど(>_<)

こちらこそ穂村さまの文章から想像(妄想)が
広がります〜ごちそうさまです(*^^*)

2014/05/06 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
身代わり伯爵二次創作 ほぼ会話文 「紆余曲折」 それはまた別のおはなし。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる